政策のポイント

  • 「エネルギー創出」、「省エネ」、「エネルギー貯蔵」、「スマートシステム統合」を主軸として、安定的なエネルギー供給、グリーンエネルギー開発、サステナビリティ経営、汚染と炭素の低減を並行して進め、「エネルギーの安全」、「グリーン経済」、「持続可能な環境」の目標を達成します。主な発展項目はグリーンエネルギーと電動自動車です。
  • 2025年原発ゼロ国家を達成するという電業法に明記された目標に向かい、政府は「2025年原発ゼロ国家」のビジョンとして、2025年にグリーンエネルギーの発電量の割合を2016年の4.8%から20%に引き上げると規定しています。
  • 太陽光発電と風力発電に重点的に資金を投入し、太陽光発電二年推進計画、屋根の太陽光パネル設置に係る全国普及計画、風力発電四年推進計画等により、関連産業の発展を導きます。2025年、太陽 光発電の累積設備容量は20GW、風力発電の累積設備容量は6.7GWに達する予定です。
  • 沙崙スマートグリーンエネルギーサイエンスシティを開発し、産業イノベーションを導くエコシステムの中枢として、省エネ、エネルギー創出、エネルギー貯蔵とスマートシステム統合の4つの主軸に沿 い、グリーンエネルギー産業ネットワークの中心及び輸出窓口として発展させます。

政府による投資

  • 産業の構造転換と高度化を加速するために、国家 発展基金は「スマート機械」、「アジアシリコンバレー」、「グリーンエネルギーテクノロジー」、「バイオメディカル産業」、「防衛産業」、「新農業」、「循環経済」の5+2産業イノベーション計画に投資しており、政府の持株全体が投資先事業の払込資本金の49%を超えないことを原則としています。国家発展基金はまた、中小企業、文化クリエイティブ産業、戦略的サービス業、戦略的製造業へ各100億台湾元、総額で400億台湾元の投資を行います。投資を行う際の株式比 率は、政府の持株全体が投資先事業の払込資本金の49% を超えず、また専門の管理会社と共同投資を行うことを原則とします。

税制優遇

  • 営利事業所得稅の税率は20%となります。
  • 企業の研究開発関連支出の15%を上限に、同年度の営利事業所得稅額の控除が受けられます。
  • 海外から国内未生産の機械設備を導入する場合、同機械設備の輸入関税が免除されます。
  • 海外から新しい技術や製品を導入し、海外事業者が所有する特許権、商標権または各種特許権利を使用する場合、経済部工業局のプロジェクト申請許可を受ければ、海外事業者に支払うロイヤリティに対する所得稅が免除されます。
  • 輸出加工区、サイエンスパーク、フリー・トレード・ゾーンなどの特区に入居すれば、自社用機械設備、原料、燃料、材料及び半製品に対する輸入税が免除されます。また、役務輸出を行う場合、営業税税率はゼロになります。

研究開発助成

成功事例

天力離岸風電科技股份有限公司

台湾の洋上風力発電機国産化のニーズに対応するため、世界大手上位10社に入るメガワットクラス風力発電機ブレード専門メーカー、紅葉風電控股集団が2018年に台湾に「天力離岸風電科技股份有限公司」を設立しました。

企業の来台投資過程

2018年9月に台中港工業専業区(II)21ヘクタールの土地投資経営権を取得し、ブレード工場を設立、2019年までに生産を開始する予定です。

投資台湾事務所が提供したサポート

2018年2月に事務所は同社のニーズに基づき、同社と港務公司の協力をサポートするとともに、税務、奨励・補助、輸出入等の関連情報を同社による投資計画評価のために提供しました。

出典:InvesTaiwan

お問い合わせ

下載檔案
台湾の重点発展産業-クリーンエネルギー產業(2.40MB)

              回前頁